統計WEB   −アマチュアのための統計学講座−

統計WEBは、社会情報サービス統計調査研究室が主催する統計学に関するウェブサイトです。統計解析アドインソフト「エクセル統計」やMicrosoft(R) Excel を使ってデータを分析するための知識やアイデアを紹介します。

統計Tipロゴ

統計Tip | m行×n列のクロス集計表の統計量

クロス集計表の行と列の関連の程度を表す統計量を出力することができます。クロス集計表の各セルに度数を入力後、[計算]ボタンを押してください。

列1列2列3列4列5列6列7列8列9列10合計
行1
行2
行3
行4
行5
行6
行7
行8
行9
行10
合計
カイ二乗値自由度P値
Pearson ファイ係数 Kendallのタウb
Yatesの補正 CramerのV Kendallのタウc
尤度比 連関係数 Goodman-Kruskal ガンマ




ピックアップ統計用語

最新のコラム

第115話  「ビンの数と幅

量的データの度数分布をグラフにしたものをヒストグラムまたは柱状グラフと言います。Excelのグラフの種類にヒストグラムはないため、Excelで作るなら棒グラフを代用することになります。Excelの分析ツールにもヒストグラムのメニューがありますが、やはり棒グラフを代用してヒストグラムを書いています(分析ツールのヒストグラムは、コラムの最後・・・




おすすめ書籍

『数学いらずの医科統計学 第2版』

【著】ハーベイ・モトルスキー 【訳】津崎晃一【出】メディカル・サイエンス・インターナショナル(2011/03)

日本は統計学の後進国だ。日本で書かれた統計学の本を読んでいると、例えば、2群の母平均の差の検定であれば、まず正規性の検定を行い正規分布かどうか確認し、次に、等分散性の検定を行い等分散性が棄却されなければ一般のt検定、棄却されたらウェルチの方法を用いるというようなことが書いてある。この手続きでは、検定の多重性問題が生じるため推奨しない研究者もいるのだがそこまで触れている本は少ない。
欧米誌への論文投稿を考えているのなら、自分の知ってる統計学が世界にも通用するのか、本書を読んで確認しておいた方がいいだろう。

書籍紹介TOPへ

訪問者のOSとデバイス ランキング

訪問者が使用していたコンピューターのOSとデバイスの種類、2013年12月のランキングです。スマートホンからのアクセスが1割を占めています。

  <OS>
  1. Windows 7      (58.4%)
  2. Windows XP     (12.6%)
  3. iOS(iPhone,iPad)  (7.4%)
  4. Macintosh       (5.4%)
  5. Windows Vista    (5.1%)
  6. Windows 8 & 8.1  (4.9%)
  7. Android        (4.8%)

  <デバイス>
  1. Desktop    (88.5%)
  2. Mobile     (10.3%)
  3. Tablet     (1.3%)



更新情報

2014.1.17 トップページのランキングを更新しました。
2013.12.11 トップページのランキングを更新しました。
2013.11.6 トップページのランキングを更新しました。
2013.10.7 トップページのランキングを更新しました。
2013.9.6 今月のおすすめ書籍として『数学いらずの医科統計学 第2版』を紹介しました。
2013.9.3 トップページのランキングを更新しました。
2013.8.6 心理・教育の書籍紹介で『外国語教育研究ハンドブック』を紹介しました。
2013.8.6 統計Tipsの「Excel によるヒストグラムの作り方」を更新し、Excel 2010の場合を追加しました。



当ホームページのご利用にあたって

コンテンツの内容は予告なく変更、削除いたします。当ホームページはリンクフリーですが、コンテンツを掲載しているページのURLを変更することがあります。ご了承ください。

統計WEB

主催:社会情報サービス統計調査研究室

Google
ウェブ検索
サイト内検索