社会情報サービスソフトウェアトップページ ソフトウェアトップページ 社会情報サービス会社概要 会社所在地
社会情報サービストップページ





ソフトウェアTOPページへ > 秀吉Dplus > 機能説明 > アンケート集計 > クロス集計

クロス集計

クロス集計とは

各質問の回答を回答者の属性(性別年齢など)別に見るために、項目をクロスさせる集計方法です。集計表の上にくる項目を「表頭」、横にくる項目を「表側」と言います。

クロス集計の例

ここではサンプルファイル「rentalhouse」(賃貸住宅についてのアンケート)を使ってクロス集計の例を紹介します。

職業(SA)と1番目に重視する条件(SA)とのクロス

表頭が1番目に重視する条件(SA)、表側が職業(SA)です。

SAxSAクロス集計表

秀吉の出力全体像 クロス集計表とグラフ

SAxSAクロス集計表とグラフ

秀吉では2つの項目のクロスだけでなく、「年齢・性別 X 項目」のように3次元クロス(3重クロス)と言われる集計も出力できます。

3次元クロスの例はこちら

2項目間のクロス集計表を作成する手順

表頭、表側にひとつずつ項目を指定して、もっとも一般的なクロス集計表を作成します。

  1. [アンケート集計]を起動して、 集計ツールバーの[クロス集計]アイコンをクリックして、クロス集計指定画面を開きます。
  2. [項目リスト]の中から表頭に指定する項目を選択して[表頭1]ボタンをクリックします。
  3. [項目リスト]の中から表側に指定する項目を選択して[表側1]ボタンをクリックします。

    クロス集計指定画面

    項目を変更する場合

    [表頭1]または[表側1]をクリックします。選択されている項目が取り消され、空白になります。

  4. [登録集計]ボタンで、指定したすべての単純集計のグラフと集計表を出力します。

    [登録]ボタンで集計の登録だけを行い、あとでまとめて集計することもできます。

アンケート集計目次

  1. アンケート集計のウィンドウ構成
  2. 単純集計
  3. クロス集計
  4. 度数分布比較
  5. 平均値比較
  6. 母集団拡大集計(ウェイトバック集計)
  7. Excelへ集計結果を出力する準備として
  8. 集計結果の印刷
  9. グラフと集計表のスタイルの編集と出力
  10. 作成したグラフと集計表を表示するには
  11. 自動集計
  12. 集計結果の保存

アンケート集計へ戻る

機能説明へ戻る

このページのトップへ戻る